グランドハンドリング(ランプ)

グランドハンドリング(ランプ業務)の全般作業内容についてお伝えします。

グランドハンドリングスタッフ(グラハン)は、日々色んな車両を取り扱う中で、定時性出発率100%を目指しながら安全作業台一に取り組んでおります。

 

航空業界

羽田空港cab試験合格後の運転OJTはどのような訓練か現役グラハンが解説

羽田空港のCAB(空港内運転許可)を合格後に走行訓練の運転OJTを行います。 空港内は一般道路とルールが異なり中央車線を走行し、追い越しレーンは左車線を走行します。 空港内は一般道路と変わらず事故も発生するので、一人一人が指差呼称をする必要があります。
航空業界

ビジネスジェット機(BJ)のグランドハンドリングってどんな作業?

ビジネスジェット機のグランドハンドリング内容は定期便とほぼ変わりありません。 しかしビジネスジェット機を利用する顧客は、大富豪や芸能人のため大金を払って時間を購入してます。 そのため、ビジネスジェット機のハンドリングで注意すべきことは迅速・丁寧に行うことです。 ビジネスジェット機のハンドリング作業から注意点を解説します。
航空業界

飛行機の翼端監視員(ウイングウォッチ)がする合図と航空機牽引(トーイング)の補助作業

翼端(よくたん)監視員はウォッチマンとも呼ばれ、飛行機が駐機場に入る際に主翼を監視する為に 配置します。翼端監視員の合図は主に3種類ありますが、飛行機が障害物や万が一に備えて停止できるように 翼端監視員をスポットの両端に立たせます。飛行機のトーイング時も翼端監視員を配置させることは 義務付けられております。
航空業界

【手荷物搭降載】飛行機の貨物室に預け荷物搭載するバラ積み搭載法

グラハンが行う手荷物搭降載(とうこうさい)にはバラ積み搭載とコンテナ搭載があります。 フォワード・アフターカーゴ室にはコンテナ搭載、バルクカーゴにはバラ積み搭載をおこないます。 バラ積み搭載はベルトローダーを通じて手荷物が流れてくるので、迅速丁寧に取り扱いを行い、個数の把握を 確実に実施します。
航空業界

機内食搭載の車両って何?ケータリングサービスを行うフードローダー車の取り扱い

機内食や飲料水を搭載する車両をフードローダー車(ケータリング車両)と言います。 20トン越えの車両で、荷台には機内食が準備されたカート台車が載せられており、荷台部分は 上昇できる装置が備わっております。 運転には大型免許が必要と、運転技術力が求められます。
航空業界

飛行機のドアの正式名称って何?それぞれの使用用途やオープン・クローズの操作方法を現役GHが教えます!

飛行機の搭乗口をパッセンジャー・ドアもしくはエントリードアと言います。 ドア開閉自体は簡単ですが、緊急脱出スライドが施されており、一つ間違えると大きな事故へと繋がります。 また、ドア自体に飛行機の重量が圧し掛かっているので、誤って指を掴んだ状態は切断する事態へと 繋がので危険な作業と言えます。
航空業界

飛行機に装着する階段付きタラップ車徹底解説!現役GHが解説する操作方法

お客様が飛行機に搭乗・降機する際に使用するタラップ(パッセンジャー・ステップ)車は大型免許が必要です。 事前に高さ調整(プリセット)することで、様々な飛行機に対応が可能ですが、機種毎に社内資格別れてます。 自走式と非自走式とありますが、機材が大きい分周りに注意しながら取り扱うことがマストです。
航空業界

空港のPBB(パッセンジャーボーディングブリッジ)の構造と操作の仕方!

空港にあるPBB操作はメーカーによって異なりますが、操作方法は基本的に一緒です。 PBBには固定橋と可動橋部分があり、ジョイスティックレバーで可動橋部分を伸縮させて 角度や高さ調整を行い、飛行機のエントリードアへと装着します。 PBB操作には免許・資格は不要で社内な練習が必要です。
航空業界

空港で働く人が身に着けるランプパス(制限区域立入承認証)の意味と色の解説

空港で働く従業員はランプパス(制限区域立入承認証)を所持しなければなりません。 羽田空港のランプパスは3種類あり、所有する色によって立ち入る区域が異なってきます。 ランプパスの重要性と仕組みについて解説します。
航空業界

飛行機の機内清掃作業!やっている人が教える仕事内容からやり方を解説

飛行機の機内清掃作業について、実際の作業手順に基づいて、仕事内容まで解説させていただきます。 機内清掃で大事なことは、時間内に作業を終わらせ、周りの状況を確認しながら完了させることです。 大人数の中で一人が遅いと、時間内に終わらせることが出来ないので、スピードが大切です。
スポンサーリンク