航空業界

航空業界航空業界

航空業界で働くグランドハンドリングスタッフやグランドスタッフの仕事内容・給料・待遇・スケジュールなど、業界の人が実際に携わる内容を解説します。企業では航空会社や委託会社など就職枠も広いため、就職するためのポイントも一緒に述べます。

航空業界

ラバトリーサービスカーの作業手順‼飛行機のトイレタンクはバキューム・循環式タイプの2種類

ラバトリーサービスカーは、航空機のトイレの排泄物をくみ取るためのグランドハンドリングの機材です。 ラバトリーサービスカーの運転には中型免許が必要で作業は通常1、2人で行います。作業自体はシンプルで 排泄物を抜き取り、タンク内を洗浄して最後に防臭・防菌用のパウダーを入れて完了です。
航空業界

トーイングトラクター(タグ車)とは?免許・特徴など現役グラハンが徹底解説‼

トーイングトラクターとは手荷物・貨物のけん引や飛行機のプッシュバック・トーイング時に活躍する地上支援車輛です。 トーイングトラクターの呼び方は沢山あり、マメタグ・TT・タグ車・WTなど様々です。トーイングトラクターの運転には 普通自動車免許が必要で、大型車両は大型免許が必須となります。
航空業界

グランドハンドリングスタッフが所持する3つのツールとは?

グランドハンドリングスタッフは作業に必要なツールを所持します。 特に今回紹介するツールがないと業務に支障をきたす恐れとなります。 自費で用意しなくてならないツールもあるため、最初は安い物でもよいので 所持することが大切です。
航空業界

グランドハンドリングスタッフが経験するイレギュラー出来事を現役グラハンが解説

グランドハンドリングはルーティンワークですが、毎回イレギュラーに遭遇することが多い職種です。 ここでは私が経験したイレギュラー内容をお伝えします。 グラハン作業をする上でイレギュラーの種類も多く、大切なのは焦った時ほど冷静になることです。
航空業界

航空機のAPUアウト‼ASU(エアースターターユニット)を現役グラハンが解説

ASUはエアースターターユニットの略で航空機のAPU(補助エンジン)が不具合の際に 高圧空気を供給するための装置です。ASUは非常に大きい騒音のため、作業中は耳栓もしくは イヤーマフをしないと作業員の耳に支障きたすので、必ず装着する必要があります。
航空業界

ランプコーディネーターとは?現役グラハンがわかりやすく解説!

ランプコーディネーターとは、航空機が到着してから出発までの間に関連セクションがスムーズに作業ができる ように時間調整と、乗客や手荷物の個数を把握します。ランプコーディネーターになるには資格は必要ありませんが インストラクターの下で約1か月ほど訓練を行います。
飛行機

駐機中の飛行機の外部空調(エアコン)供給の仕組みを現役グラハンが解説現役グラハンが解説

航空機が駐機して夏の時期は、空港ランプ内にあるエアコンダクターを使用して、外部からのエアコン供給を 実施します。エアコンダクターがない空港では空調車(エアコン車)で機内に空調を送付することで、航空機の 燃料を使用しなくても送風することが出来ます。
航空業界

羽田空港cab試験合格後の運転OJTはどのような訓練か現役グラハンが解説

羽田空港のCAB(空港内運転許可)を合格後に走行訓練の運転OJTを行います。 空港内は一般道路とルールが異なり中央車線を走行し、追い越しレーンは左車線を走行します。 空港内は一般道路と変わらず事故も発生するので、一人一人が指差呼称をする必要があります。
航空業界

飛行機のGTB(グランドターンバック)とATB(エアーターンバック)の違いを現役グラハンが解説

航空業界でGTBはグランドターンバック、ATBはエアーターンバックといいます。 一言でお伝えするとGTBは飛行機が自走して離陸前に駐機場に引き返すことをいい、ATBは離陸して目的地空港行く間の飛行中に 出発地空港に引き返すことをいいます。GTB・ATBは飛行機の不具合や緊急時などに発生します。
航空業界

Face Express顔認証システムとは?顔パス搭乗で手続きが不要?

Face Express顔認証システムとは、これまで空港のチェックイン時や搭乗ゲート通過の際に パスポート提示が必須でしたが、一度登録することで「顔パス」の役割を持つことが出来て 航空機に搭乗するまで余計なパスポート提出が不要となります。今後はFace Express顔認証システム が主流になると思われます。
スポンサーリンク