飛行機の預け荷物が禁止な物!国内線・国際線の制限とサイズや重さはどのくらい?

飛行機

こんにちは、みのるです。

 

突然ですが、飛行機を利用して旅行に行くことは非常にワクワクしますよね!

ですが、旅行の際に発生するのが預け荷物ですが、物によっては預けらない危険物や制限品があります。

 

飛行機の預け荷物が禁止されている物ってどんなもの?

預け荷物も国内線・国際線によって規定が違うの?

サイズや重さも国内線・国際線一緒なの?

 

など、当日預けた荷物の一部が没収されたり、重量オーバーやサイズオーバーで追加料金を取られたら気分を害しますよね・・・

その為にそういったことが起こらないようにここで把握しておきましょう!

 

結論から言うと、預け荷物で禁止されている物は発火の恐れや爆発の恐れがある物などがありますが、国内線と国際線では殆ど同じ規定です。

しかし、サイズや重さは異なり、超過した場合は倍以上の料金を支払うことになるので、余計な出費をかけないようにしましょう!

 

 

また、機内持ち込み制限品につきましては、過去の記事である国内線・国際線の機内持ち込みの違い!大きさから禁止品例など液体の制限理由についてもをご参考にして頂ければ幸いです。

 

この記事では、実際にグランドスタッフを経験した私が

 

国内線・国際線で預け荷物・持ち込み荷物が禁止されている物

預け荷物はダメだけど、持ち込み荷物が平気な物

預け荷物の重さとサイズはどのくらい?

の概要について解説したいと思います。

スポンサーリンク


国内線・国際線で預け荷物・持ち込み荷物が禁止されている物

機内持ち込み、預け荷物不可の危険物は航空機の法令で搭載が禁止となっています。

 

・スプレー缶類カセットコンロ用ガス、スポーツ用酸素缶、殺虫剤/農薬

・火薬類を使用した物花火、クラッカー

電動の乗り物セグウェイ、電動スケートボード、セルフバランスボードなど

※電動車いすはバッテリーによって異なります。

その他漂白剤、ライター用燃料、加熱式弁当など

以上が、おもに預け荷物が不可能となります。

 

機内で発火の恐れがある物体は、客室乗務員がいるので最小限に抑える事ができますが、預け荷物は貨物室に収納されている為、誰も確認ができません。

つまり手荷物から発火して、隣の荷物に引火したら炎上する可能性があるため搭載はできません。

 

 

電動乗り物はバッテリーを使用している為、発火の恐れがあります。

仮にバッテリーを取り外せたとしても、機内に持ち込んでも同じことなので、預け荷物・持ち込み共に禁止されています。

 

漂白剤は製品に「塩素系」や「混ぜるな危険」が表示されている洗剤(ハイターなど)は持込み・預け荷物共にできません。

 

チェックインカウンターで預けることが出来たとしても、出発ゲートにてグランドスタッフから呼び出され開披チェックとなります。

開披とは、預けた荷物の中に搭載禁止物の恐れがある物品が、X線を通した際に危険品と思われる物体が反映したので、出発ゲートにて保安検査員立会いの元で確認を行います。

 

開披チェックで確認された荷物に異常がなければ、そのまま搭載ができますが、問題があればその場で破棄しなければなりません。

 

 

ここまでは預け荷物・持ち込み荷物が禁止物品についてご説明しましたが、続いては預け荷物は不可能で、持ち込み荷物が可能な物について解説させていただきます。

スポンサーリンク



預け荷物はダメだけど持ち込み荷物が平気な物

預け荷物は禁止な一方で、機内に持込みが可能な物品は以下のとおりです。

 

・モバイルバッテリー

・液体バッテリー

・リチウムイオン電池

・電子タバコ

・ヘアアイロン

・水中ライト

・喫煙用ライター/マッチ(1つまで)

 

以上の物品を所持していた場合は、預ける事はできませんが機内に持ち込むことは問題ありません。

先ほどの項でお伝えしたバッテリーですが、電動乗り物とモバイルバッテリーでは容量が大きく変わります。

 

 

私達が普段持っているモバイルバッテリーの容量は

100Wh未満・・・(27,027mAh未満)

が多く、機内に持ち込みすることは可能です。

 

 

しかし、

 

 

100〜160Wh・・・(27,027〜43,243mAh)

を所持していた場合は、最大に2つまでしか持ち込みできません。

 

 

160Whを超えるバッテリーの場合は、預け荷物・持ち込み共にできません。

電動乗り物等で使われているバッテリー容量の多くは、300wh以上が採用されているので、搭載が断られる可能性が高いです。

 

リチウムイオン電池は以下のような電子機器に使われております。

 

・スマートフォン、携帯電話

・ノートパソコン、タブレット端末、電子書籍リーダー

・デジタルカメラやビデオカメラ など

・電子タバコ

 

本体に内蔵されているリチウムイオン電池は問題ありません。

ですが、重複になりますがバッテリーの予備など160whを超えるものは、預け荷物・持ち込み共に出来ないのでご注意ください。

 

 

また、チェックインカウンターで預け荷物を預ける際に貴重品(金券、小切手)や高価物(宝石、有価証券)、壊れやすい物(ガラス製品、陶器)など聞かれますが、基本は持込みを推奨します。

これは、ロストバゲージした時など、高価な物がカバンに入ったいた場合は最悪手元に戻らない恐れがあります。

 

ロストバゲージについて詳しい内容につきましてはロストバゲージはなぜ起こる?理由や発生しない方法はあるのかもを参照して頂ければ幸いです。

 

グランドスタッフはお客様にその都度お客様に聞いておられますが、ちゃんと考えずに返答する方も多いので、貴重品や高価な物は預け荷物にいれてはなりません。

 

 

続いては、預け荷物の重さとサイズはどのくらいについて解説させていただきます。

スポンサーリンク


預け荷物の重さとサイズはどのくらい?

国内線と国際線では預け荷物の規定が異なり、最大重量やサイズも変わってきます。

特に国際線の場合は、超過料金は万単位となりますので注意が必要です。

国内線 (フルキャリアサービス、エコノミークラスの場合)

・重量20kgまで。

・3辺の合計が203cm以内。 (JALは230cm迄)

・重さとサイズが規定内であれば個数制限なし。(何個でも預け可能)

※預け荷物が1個あたり32kg以上1人当たり100kg以上は預ける事はできません。

 

20kg以上は超過料金となり、航空会社によって

1kgあたり〇〇〇円、1kg~10kgまで一律〇〇〇円

と規定が異なります。

 

ただし、同行者がいる場合はの重量オーバーした場合は分ける事ができます。

例えば、自分の預け荷物1個22kgで、友達が1個10kgの場合、自分の2kg超過分を友達に分ける事で、超過料金を支払う必要はありません。

 

サイズオーバーは航空会社によって3辺の和が異なりますが、オーバーすると一律で徴収される所が多いです。

ご不安な方は事前に航空会社お問い合わせセンターに連絡する事をお勧めします。

国際線 (フルキャリアサービス、エコノミークラスの場合)

・重量1個あたり23kgまで。

・3辺の合計が158cm以内。 (JALは203cm迄)

・2個まで無料。

※預け荷物が1個あたり32kg以上1人当たり100kg以上は預ける事はできません。

 

重量やサイズオーバーの超過料金は国内線と比較すると高額で、アジア、欧州、中東など目的地によって変動し、1kg超えると一律1万もしくは2万ほど徴収されます。

ペット料金も、国内全区間では約5千円前後に対し、国際線の区間によって最低2万5千円以上発生するので、事前に確認してください。

 

サイズオーバーも同様に、国際線は非常に高く、こちらも目的地によって値段は変わり、最低でも1万円から支払うので、カバン選びが大切です。

まとめ

今回は、飛行機の預け荷物が禁止な物!国内線・国際線の制限とサイズや重さはどのくらい?について解説させていただきました。

 

飛行機に搭乗する際は引火性、発火性のある危険物は搭載できず、預け荷物および持ち込みもできません。

 

仮にバッテリーやヘアアイロンなどは預け荷物は不可能ですが、持ち込み可能な物品もあります。

 

国内線と国際線では大きな規定は変わりませんが、重量やサイズのルールは違い、超過料金も国際線の方が数段高いのでご注意ください。

 

上記の搭載禁止物を、旅行時に用意する機会は滅多にないと思いますが、旅行に不慣れな方は念の為にご注意していただければと思います。

 

この記事が、預け荷物に不安を持たれている方にとって解消になる内容であれば幸いです。
スポンサーリンク