韓国のLCC AIR PREMIA【エア・プレミア】とは?コロナ禍で事業を開始した航空会社

韓国LCC エア・プレミアエアライン

スポンサーリンク


AIR PREMIA(エア・プレミア)とは

AIR PREMIA(エア・プレミア)の写真

長期化する新型コロナウイルスの影響により、依然として厳しい状況に立たされている航空業界の各社ですが、2020年LCCとしてエア・プレミア(YP)が韓国で誕生しました。

現在の計画では、アメリカ大陸やヨーロッパへの就航を計画しており、通常短距離の就航が中心のLCCとは異なり、長距離運航を計画するので日本で例えるとZIP AIRに近いです。

 

ZIP AIRの記事につきましては、以下の記事を参照ください↓

 

エア・プレミアは元々2017年に設立されて2020年9月の就航開始を目指していましたが、コロナウイルスの影響もあって延期となり、一時期経営難に陥ります。

2021年の3月に韓国のファンド・JCパートナーズと香港の物流会社・コールチャイナが株式の68.9%を購入。これによって、日本円でおよそ50億円(約500億ウォンー2021年6月現在)の資金調達が可能になり、資金難は免れることができました。

スポンサーリンク



AIR PREMIA(エア・プレミア)がボーイング787を初受領

AIR PREMIA(エア・プレミア)の写真

2021年4月にはアメリカの航空機リース会社、エアリース・コーポレーション(ALC)からボーイング787-9のリースを長期的に行えるようになりました。

ボーイング787−9型の座席数が309席で、プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスの2クラスと、10,000キロを超える運行をするには、座席のバリエーションを増やすことは極力控えた形に見えます。

連続航続可能距離は14,200kmで、ヨーロッパへ行くことはもちろん、太平洋を渡り切ることも可能です。

4〜5000km圏内の短距離ー中距離運航を中心とするLCCが導入する飛行機にしては、随分とオーバースペックな飛行機ですが、先述の通りエア・プレミアは10,000km前後の長距離運航を計画中です。

スポンサーリンク


AIR PREMIA(エア・プレミア)の今後の計画

2019年春にエアリース・コーポレーションと契約を結んだ段階では、2020年夏から冬にかけて、同機を3機投入する予定でした。

2021年6月現在では保有航空機数は1機で、資金調達に飛行機の初受領と、日進月歩の勢いで進展を見せるエア・プレミアですが、新型コロナの影響でかつての計画に遅れが出て、それを取り戻している最中です。

就航開始時期は現在の所不明です。(2021年6月26日現在)

AIR PREMIA(エア・プレミア)の就航計画

エア・プレミアの現時点で確定してる就航路線は、拠点空港である仁川空港からアメリカのロサンゼルス、サンノゼを結ぶ便の2つです。

距離は10,000キロを超えるか超えないかという位置にありますが、それでも設立当初の段階から、LCCがアメリカ、ヨーロッパへの航路を計画していることは中々例が無く、珍しいと言えます。

みのる
みのる

JALの子会社であるZIP AIRもハワイ就航が実現となり、将来はアメリカ本土に向けて計画もあるため、エア・プレミアとはライバル関係となりそうです。

スポンサーリンク



AIR PREMIA(エア・プレミア)は低価格で客を運べるのか?

AIR PREMIA(エア・プレミア)

韓国のLCCエア・プレミアが最大の課題である、長距離便でも価格を抑えられるかがポイントになります。

LCCの安さの理由の一つに「回転率の高さ」が挙げられ、需要が多い区間の運航を過密日程でこなし、余剰なサービス削減と座席間とのピッチを収縮することで、運賃も低コストに下げることが出来ます。

航空機の運賃から見て分かるように、航空会社からしたら1日かけて長距離便を飛ばすより、短距離便を毎日みっちり飛ばした方が利益が膨らみます。

  1. 手数料の徴収
  2. 機内サービス有料化
  3. できるだけ座席を多く配置
  4. 予約方法を簡略化

など、LCC各社が行う費用削減方法とより向き合う必要が出てくるでしょう。

【まとめ】

今回は、韓国LCC AIRPREMIA【エア・プレミア】とは?コロナ禍で事業を開始した航空会社について解説しました。

  • 「エア・プレミアってどんな航空機?」
  • 「エア・プレミアの今後の計画とは?」
  • 「エア・プレミアの就航路線とは?」
みのる
みのる

結論を言います!

  • エア・プレミアは韓国のLCCとして2017年に設立され、コロナウイルスの影響により運航は延期されましたが、2021年3月ボーイング787-9を受領し、韓国の中長距離航空として誕生しました。
  • 現在は3機のリリース契約が決定する中で、今後は10機の導入計画行っております。
  • 韓国の仁川空港を拠点にアジア・欧州・アメリカ・オセアニアへの就航展開を目指しております。

コロナ禍の影響で、日本だけならず世界の航空会社には影響がある中で、リストラや倒産といった悲しいニュースが止みません。

各国ワクチンの提供が広まる中で、規制緩和により価格も上向きになるかもしれませんが、それでも体力のある企業は少ないはず。

そんな状況のさなか、就航する新規航空会社もある中で雇用や安全性を踏まえながらも、各航空会社コスト削減や人件費など、引き続き懸念を抱き課題となると思われます。

エア・プレミアが長距離運航で成功すれば、世間一般からの需要が高まり、グローバル化として飛躍することは可能性高いのでこの状況を保ちつつ、拡大展開することを祈るばかりです。

スポンサーリンク