飛行機チケットの仕組みと内訳!航空券の料金は空港施設料や燃油サーチャージ・税金が含まれます

空港飛行機

こんにちは、みのるです。

今回は飛行機のチケット代とは別にかかる、空港施設料や税金についてお伝えします。

 

・パソコンで飛行機のチケットを購入の際に最終決済画面にいくと割高になっている・・・

・空港施設料や燃油サーチャージって必ず徴収されるの?

・税金って消費税の他に何かあるの?

 

など、航空券を購入すると色んな料金が加算されるけど、実際にどのような仕組みかわからないですよね?

私もLCCのセールで往復2000円セールやっていたのにも関わらず、最終的には1万円弱程の料金を支払うはめになりました。

 

結論から言いますと、航空券以外に燃油サーチャージや施設料などが加算され、これらは決済時に自動的に加算され支払わなければなりません。

また、国際線を利用する人は、出国税として国際観光旅客税が2019年1月7日から適用されました。

 

この記事では、国際線グランドスタッフの経験ある私が何度も国際線を利用し

・航空券にかかる料金の仕組みと税金の内訳

・乗り継ぎ便での料金の仕組み

・外国でも出国税はとられるの?

について解説します。

スポンサーリンク


航空券にかかる料金の仕組みと税金の内訳

トータル航空チケット代金

上記の写真は、LCCのジェットスタージャパンで東京から台湾までの国際線片道チケットを購入する際の決済画面です。

 

・航空券(運賃)

・国際観光旅客税

・旅客保安サービス料

・国際線空港施設使用料

 

ご覧になってわかるように、飛行機のチケットを購入すると、チケット代だけでなく空港施設利用や税金も払わなければなりません。

 

では、私達利用者がどういった諸経費を支払っているか改めてご説明します。

・航空機チケット代

     +

旅客サービス施設使用料

旅客保安サービス料

・空港税(国際観光旅客税)

・燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)⇒(FSCのみ)

飛行機のチケットを購入するときは、上記の5点が含まれたトータル料金です。

1点ずつ解説していきます。

航空機チケット

航空会社が値段設定できる料金で、ホームページ上やポスターなどで表示される金額です。

駅や電車の中で飛行機片道9,000~と表示されて光景をご覧になった事があると思いますが、あれは航空券のみの表示料金です。

 

仮に9,000円で購入としても、その他に下記の施設料金等を支払うので、10,000円以上は支払うこととなります。

航空券を購入する際は、施設使用料や税金をまとめて支払いを行わなければなりません。

旅客サービス施設使用料(PSFC)

旅客サービス施設使用料はPassenger Service Facility ChargeというPSFCで、国際線を搭乗する人が、保安検査場を超えた出発エリア(クリーンエリア)を利用するお客様に課す料金です。

 

なお、この旅客サービス施設使用料は、空港によって運営者が異なるので、料金が変わってきます。

 

例えば、PFSCの料金は以下の通りです。

【成田空港】

第1・2ターミナル    大人:2,130円 小人:1,070円

第3ターミナル       大人:1,040円 小人:520円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【羽田空港】

第3ターミナル     大人:2,610円 小人:1,300円

 

また、国内線の場合はPFSCの代わりに

国内線旅客施設使用料:(Passenger Facility Charge)PFCが徴収されます。

 

PFCの料金は以下の通りです。

【成田空港】

国内線出発/到着        大人:390円 小人:190円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【羽田空港】

国内線出発/到着        大人:290円 小人:140円

PSFCと比較すると値段は安く数百円程度の負担となります。

スポンサーリンク



旅客保安サービス料( PSSC)

旅客保安サービス料は、Passenger Security Service Charge(PSSC)でこちらも飛行機を利用する人が支払う料金です。

旅客サービス施設使用料と異なる点は、旅客保安サービス料は保安検査員、受託手荷物検査や人件費、旅客ターミナルビルの保安維持等の設備費に充てられる料金となります。

 

飛行機に搭乗すると、出発エリアにいく為に保安検査を受けたことがあるとおもいますが、検査代を受けるための費用がPSSCです。

皆さん無料で検査受けていると思いがちですが、その背景にはお客様ご自身がしっかりと料金を支払っております。

 

なお、PSSCも空港によって料金が異なり、場合によって購入決済画面でPSFCと一緒に組み込まれている事もあります。

 

PSSCの料金の例は以下の通りです。

【成田空港】

第1・2ターミナル    大人:530円/小人:530円

第3ターミナル       大人:530円/小人:530円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【羽田空港】

第3ターミナル     なし(PFSCに組み込まれている)

他の空港でPSFCおよびPSSCを知りたい方は、下記のJALのホームページを参照してください。

国際線旅客サービス施設使用料・旅客保安サービス料および国内線旅客施設使用料について

 

空港税(国際観光旅客税)

2019年1月7日から導入された観光旅客税。

日本から出国する旅客(外国人も含める)は出国1回につき1,000円を徴収され、航空券を購入する際に一緒に支払います。

 

それまでは、このような税金を徴収されることはありませんでしたが、今後は値上がる可能性もあります。

燃油サーチャージ

燃料の価格が高騰により、1997年に燃油サーチャージ制度(特別付加運賃)が導入されました。

燃油サーチャージの見直しは、2カ月に1回航空燃油(シンガポールケロシン)の市場価格で見直され、原油価格が1バレル6千円を下回ると燃油サーチャージは発生ありません。

 

韓国や香港など近い国に比べ、ヨーロッパやアメリカ大陸などは航続距離がある分、燃油料金も値上がり、目的地によって上乗せする燃油サーチャージも長距離ほど高くなります。

 

燃油サーチャージの料金は、市場価格を基に、各航空会社で航続距離による燃料費の価格設定を行えます。

その為、他社に比べると値段が上下しますが、数千円程度の誤差が生じるくらいです。

 

LCC場合、燃油サーチャージを徴収している航空会社と徴収していない航空会社と別れます。

スポンサーリンク


乗り継ぎ便での料金の仕組み

乗り継ぎ便を利用した方が直行便よりも基本的に安いですが、乗り継ぎした空港でも施設料金が取られます。

国内線での乗り継ぎ便は徴収されることはないですが、国際線の乗り継ぎ便は料金もそれぞれ空港によって異なります。

 

例えば

羽田空港の場合

国際線乗り継ぎ便利用

大人:1,300円・小人:650円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関西国際空港 (第1旅客ターミナル利用)の場合

国際線乗り継ぎ便利用

大人:560円 小人:280円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中部国際空港の場合

国際線乗り継ぎ便は利用

大人、小人共に:320円

上記のように、乗り継ぎする空港によって乗り継ぎ料金が異なります。

 

 

乗り継ぎ便の航空券を購入した時は、乗り継ぎ便利用料金も自動的に、航空券に上乗せされます。

こうみると、羽田空港と中部空港では、料金が全然違いますね・・・

 

 

次は帰りの外国でも、施設料金や税金は徴収されるのかご説明させていただきます。

スポンサーリンク



外国でも出国税はとられるの?

日本から出発すると様々な料金が徴収されることが分かった所で、海外事情はどうなのかというと、先ずはこちらの画像をご覧ください。

飛行機決済画面羽田-香港区間(直行便)

これは、羽田-香港区間の決済画面ですが、

帰りの欄をご覧いただくと

 

・空港施設費・・・1,290円

・香港特別行政区-出国税・・・1,720円

・香港特別行政区-旅客保安サービス料・・・720円

 

合計3,730円が航空券とは別に徴収されてますね・・・

日本も同じくらいの料金を取られておりますが、施設料や税金だけで、往復約6,000円近く取られているのは非常に高いですね。

 

 

では、乗り継ぎ便を利用した場合の検証してみましょう。

飛行機決済画面2成田-台中(台湾)の香港経由

■行き

・空港施設費・・・1,000円

・香港特別行政区-出国税・・・1,720円

・香港特別行政区-旅客保安サービス料・・・720円

・乗り継ぎサービス手数料・・・1,500円

■帰り

・中国 台湾ー空港施設サービス料・・・1,940円

・空港施設費・・・1,000円

・香港特別行政区-出国税・・・1,720円

・香港特別行政区-旅客保安サービス料・・・720円

・乗り継ぎサービス手数料・・・1,500円

合計額・・・・・

 

 

 

 

 

 

11,820円( ゚Д゚)・・・

 

 

 

高いですね・・・・

航空券(運賃)以外に乗り継ぎ施設料や、税金でこんなに取られるんですね。

 

乗り継ぎ便は航空券が安いですが、乗り継ぎ空港を利用するだけ、施設料や出国税が上乗せされます。

そのため、トータルの費用と時間のコスパを考慮して、場合によっては直行便を利用するのも一つの手だと思います。

まとめ

今回は、飛行機チケットの仕組みと内訳!航空券の料金は空港施設料や燃油サーチャージ・税金について解説しました。

よく航空会社はキャンペーンを行っておりますが、あの数字で飛行機に搭乗できるのではなく、チケット代のみの金額です。

 

LCCでも100円で海外に行けるキャンペーンセールを行っておりますが、仮に100円以外に上記のような諸経費が加わります。

仮に、LCCで航空券代100円の場合、羽田利用時にPSFCの2610円が加わり、更に空港税の1000円と最低でも3,000円以上は出費します。(それでも充分破格です。)

 

空港によって、空港施設料の料金が異なると同様に、外国でも保安サービス料が上乗せされます。

これらは航空券を購入する時に自動的に含まれるので、現地で支払う事はありませんが、一部の国では出国税を現地の国で支払う事が義務付けられる所もあるのでご注意ください。

 

今回の航空券代以外にかかる料金を把握すれば、トータルの航空券の価格を想像する事ができるので、旅行が好きな方はぜひ参考にして頂ければと思います。

 

この記事が旅行する方にとって、役立つ内容であれば幸いです。
スポンサーリンク