航空券の値段の内訳ってどうなってるの?何が加算されているのか元GSが解説します!

航空券の内訳の写真飛行機

スポンサーリンク


航空券にかかる料金の仕組みと税金の内訳とは

トータル航空チケット代金

日本発海外行きの海外航空券を購入した時に発生する諸経費は以下になります。

  • 航空券(運賃)   
  • 国際線(PSFC)もしくは国内線(PSC)旅客サービス施設使用料
  • 旅客保安サービス料 (PSSC)
  • 空港税(国際観光旅客税)
  • 燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)⇒(FSCのみ)
みのる
みのる

運賃以外にも沢山の料金が含まれていますね。

航空券を購入すると空港施設利用や税金が組み込まれていますが、決済時では同時に払わなければなりません。

航空券は航空会社が決めた運賃なので日によって価格の値段が上下しますが、それ以外の施設料金は保安サービス料では、各空港で利用料金が一律設定されているので割引等はありません。

航空券(運賃)

成田 バンコク 料金

航空会社が値段設定できる料金で、ホームページ上やポスターなどで表示される金額が航空券となります。

駅や電車の中、メールマガジンなどで国内線1,690円~などと表示されることがありますが、それらは航空券のみの表示料金です。

peach

peach プロモーションセール

仮に航空券を1,690円で購入としても、その他に施設料金や税金を支払うので合計5,000円以上は支払うことになります。

国際線旅客サービス施設使用料(PSFC)

PSFC

国際線旅客サービス施設使用料:PSFC(Passenger Service Facility Charge)は、館内にあるロビー、フライト情報、手荷物カートや車いすなどさまざまな旅客サービス施設の維持管理、お客様案内などに充てるための料金です。

施設空港料金
成田空港第1・2ターミナル大人:2,130円 小人:1,070円
成田空港第3ターミナル大人:1,040円 小人:520円
羽田空港第3ターミナル大人:2,610円 小人:1,300円
関西空港第1ターミナル大人:2,780円 小人 : 1,390円
関西空港第2ターミナル一律:1,250円
福岡空港大人:980円 小人:490円
新千歳国際線旅客ターミナルビル大人:2,610円 小人:1,300円
那覇空港国際線旅客ターミナルビル大人:1,000円 小人:500円

旅客サービス施設使用料は各空港や出発するターミナルによって料金が異なり、国際線を利用する人が支払う料金です。

みのる
みのる

航空券を購入する時にPSFCは同時に組み込まれますす。

国内線旅客サービス施設使用料(PSC)

国内線旅客施設使用料:(Passenger Facility Charge)PFCはPSFCと概要は同様で、国内線を利用した搭乗客が空港の維持管理や施設利用料などに支払う料金です。

施設空港料金
成田空港第1.2ターミナル大人:450円 小人:220円
成田空港第3ターミナル大人:390円 小人:190円
羽田空港第1.2ターミナル大人:290円 小人:140円
関西空港第1ターミナル大人:440円 小人:220円
伊丹空港大人:260円 小人:130円
福岡空港大人:110円 小人:50円
新千歳国内線旅客ターミナルビル大人:270円 小人:140円
那覇国内線旅客ターミナルビル大人:120円 小人:60円
みのる
みのる

PSFCと比較すると値段は安いですね!

一部の航空会社では、国内線・国際線と関係なくPSFCと表示されることがあります。

スポンサーリンク



旅客保安サービス料(PSSC)

PSSC

旅客保安サービス料:Passenger Security Service Charge(PSSC)で搭乗する旅客の安全を確保するために行う、手荷物検査、検査装置、ハイジャック検査などの保安維持を充てるために支払う料金です。

施設空港料金
成田空港第1.2ターミナル大人:530円 小人:530円
成田空港第3ターミナル大人:530円 小人:530円
羽田空港第1ターミナル大人:530円 小人:530円
羽田空港第2.3ターミナル適用無し。(PSFCに組み込まれてる)
関西空港第1ターミナル大人:320円 小人:320円
福岡空港適用無し。(PSFCに組み込まれてる)
新千歳国内線旅客ターミナルビル適用無し。(PSFCに組み込まれてる)
那覇国内線旅客ターミナルビル適用無し。(PSFCに組み込まれてる)

旅客サービス施設使用料と異なる点は、旅客保安サービス料は保安検査員、受託手荷物検査や人件費、旅客ターミナルビルの保安維持等に充てられます。

PSSCも空港によって料金が異なり、購入決済画面でPSFCと一緒に組み込まれる事もあります。
みのる
みのる

皆さん無料で検査受けていると思いがちですが、その背景にはお客様ご自身がしっかりと料金を支払っております。

他空港のPSFCおよびPSSCを知りたい方は、JALのホームページを参照してください。

空港税(国際観光旅客税)

空港税

観光旅客税は2019年1月7日から導入された税金で日本から出国する旅客(外国人も含める)は出国1回につき1,000円を徴収され、航空券を購入する際に併せて支払います。

以前はこのような税金を徴収されることはありませんでしたが、今後は値上がる可能性もあります。

外国でも出国税はとられるの?

日本から出発すると様々な料金が徴収される一方で、海外から出発した場合でも国によって料金が取られます。

みのる
みのる

ちなみにフィリピンでも出国税を支払いますが、航空券購入時ではなく出国前の出国検査で支払います。

香港を例に見てましょう!

飛行機決済画面羽田-香港区間(直行便)

■帰り

  • 空港施設費・・・1,290円
  • 香港特別行政区-出国税・・・1,720円
  • 香港特別行政区-旅客保安サービス料(PSSC)・・・720円
みのる
みのる

香港から羽田へ戻る際に空港建設費や出国税など合計3,730円が航空券とは別に徴収されてますね・・・

日本も同等の金額を取られておりますが、羽田ー香港区間を利用するだけで、施設料や税金など往復約6,000円近く取られているのは非常に高く感じますね。

乗り継ぎ便を利用した場合

飛行機決済画面2香港エクスプレス 成田-台中(台湾)の香港経由

■行き (成田→台中→香港)

  • 日本-旅客保安サービス料・・・530円
  • 日本-旅客サービス施設使用料・・・2,130円
  • 日本-国際観光旅客税・・・1,000円
  • 香港-空港建設費・・・1,000円
  • 香港特別行政区-出国税・・・1,720円
  • 香港特別行政区-旅客保安サービス料(PSSC)・・・720円
  • ユーコネクト(乗り継ぎサービス手数料)1,500円

■帰り(香港→台中→成田)

  • 台湾ー空港施設サービス料・・・1,940円
  • 台湾ー空港施設費・・・1,000円
  • 香港特別行政区-出国税・・・1,720円
  • 香港特別行政区-旅客保安サービス料・・・720円
  • 乗り継ぎサービス手数料・・・1,500円

合計金額・・・11,820円

みのる
みのる

航空券(運賃)以外で乗り継ぎ施設料や、税金でこんなに取られるんですね。

乗り継ぎ便は航空券が安いですが乗り継ぎ空港を利用するだけ、施設料や出国税が上乗せされるため、トータル費用と時間のコスパを考慮すると、直行便を利用するのも一つの手だと思います。

日本の空港で国際線の乗り継ぎ便の料金も各空港によってPSFC・PSSCが異なります。

施設空港国際線→国際線へ国際線→国内線へ
成田空港第1.2ターミナル大人:1,590円 小人:1,060円大人:450円 小人:220円
成田空港第3ターミナル大人:1,050円 小人:790円大人:390円 小人:190円
羽田空港第3ターミナル大人:1,300円 小人:650該当なし
関西空港第1ターミナル大人: 880円 小人:600円該当なし
関西空港第2ターミナル大人・小人:580円該当なし
中部国際空港(セントレア)なし大人:440円 小人:220

燃油サーチャージ

1997年に燃油サーチャージ制度(特別付加運賃)が導入され、2カ月に1回航空燃油(シンガポールケロシン)の市場価格で見直され、原油価格が1バレル6,000円を下回ると燃油サーチャージは発生ありません。

日本を拠点として韓国や香港などアジアと比較して、ヨーロッパやアメリカ大陸などは航続距離がある分、燃油料金も値上がり目的地によって上乗せする燃油サーチャージも長距離ほど高くなります。

燃油サーチャージの料金は市場価格を基に、各航空会社で航続距離による燃料費の価格設定を行えます。
燃油サーチャージ JAL

JAL燃油サーチャージ 
出典:JAL

燃油サーチャージ ANA

ANA燃油サーチャージ
出典:ANA

他社と比較して値段は上下しますが、数1,000円程度内の誤差が生じるくらいです。

LCC場合、燃油サーチャージを徴収する・しない航空会社と別れます。

スポンサーリンク


まとめ

今回は航空券の値段の内訳ってどうなってるの?何が加算されているのか元GSが解説しました。

  • 飛行機のチケットを購入の際に最終決済画面にいくと割高になっている…
  • 空港施設料や燃油サーチャージって必ず徴収されるの?
  • 乗り継ぎ便でも料金って発生するの?
みのる
みのる

結論を言います!

  • 航空券以外に旅客施設サービス料や保安サービス料、観光税などが加算され通常オンライン決済時に自動的に加算され一緒に併せて支払わなければなりません。
  • 空港施設料は搭乗客が飛行機を利用する際は必ず支払いますが、燃油サーチャージは2カ月に1度航空燃油の市場価格で見直され、原油価格が1バレル6,000円を下回ると発生ありません。
  • 乗り継ぎ便を利用の際も各空港によって料金規定が異なり、こちらも同様にオンラインで購入時にまとめて支払います。

LCCでは頻繁にプロモーションセールのキャンペーンを行っており、成田-セブ区間が片道2,000円と謳っておりますが、これらの数字は飛行機に搭乗できるのではなくチケット代のみの金額です。

仮に、LCCで航空券代100円の場合、羽田利用時にPSFCの2610円が加わり、更に空港税の1000円と最低でも3,000円以上は出費します。

みのる
みのる

それでもとても魅力的な安さですけどね。

今回の航空券代以外にかかる料金を把握すれば、購入前に合計金額を予想する事ができるので、旅行好きな方はぜひ参考にして頂ければと思います。
スポンサーリンク