空港のカードラウンジを無料で使う方法とおすすめのクレジットカード

空港カードラウンジラウンジ

こんにちは、みのるです。

今回は、世間ではあまり知られていない、空港にあるカードラウンジを無料で使用する方法について解説します。

 

カードラウンジとは、クレジットカード提携のゴールドカード、プラチナカード会員が利用できる空港ラウンジのことを言います。

 

「カードラウンジを無料で使用するにはどうやって行うの?」

「カードラウンジって出発時しか使えないの?」

「クレジットカードっていっぱいあるけど、おすすめってどれなの?」

 

 

 

など、いろんなクレジットカードありすぎて、よくわからなくなりますよね?

私もどれが良いかすごく悩んだ結果挙句、クレジットカードだけで10枚所持しております・・・・

 

 

結論から言うと、

カードラウンジを無料で利用するには、ゴールドカードと搭乗予定日を証明するEチケットなどや旅程表が必須です。

 

カードラウンジは出発時に利用する方が多いですが、到着時でも利用できるカードラウンジもあります。

私が推奨するクレジットカードのおすすめは、ラウンジ面で有効活用したいのであれば、楽天プレミアムカードやMIカードがおすすめです。

 

この記事では、実際に空港カードラウンジを何度も利用した私が

・空港のカードラウンジ特徴

・空港カードラウンジを無料で使用する方法

・オススメのクレジットカード3選

 

について解説します。

スポンサーリンク


空港のクレジットカード(提携)ラウンジとは

POWER LOUNGE NORTH

カードラウンジは、本人が所有するゴールド・プラチナのクレジットカード以上の方が、搭乗確認できるEチケットなどの証明書を掲示して、無料で利用できるラウンジです。

 

ゴールドカードを所持されてない場合も、別途料金を数千円程度支払うことで利用ができますが、各空港ラウンジによって料金が違います。

 

ゴールド・プラチナでなくても、ANAアメリカン・エキスプレスのような表面が青いクレジットカードでも提携ラウンジは利用できます。

 

到着時はラウンジって利用できるの?

多くの方は、出発時の搭乗までの間にカードラウンジを利用される方が多いです。

しかし誤解をされる方もいて、出発時のみしかラウンジを利用することが出来ないと思われる方もいます。

 

実際には、出発・到着共に使用できます。

ですが、到着時に出発エリアにラウンジがある場合は利用できず、一般エリアに設置されたカードラウンジのみ利用できます。

 

香港の場合も、プライオリティ・パス適用のラウンジが一般エリアにあり、飛行機到着後に利用される人が沢山います。

 

そのため、飛行機で少し疲れた場合は、休憩を取る感覚でラウンジを利用してから、行動しても良いです。

 

空港ラウンジのベーシックサービス

・ソフトドリンクサービス(ドリンクバー)

・ビジネス系雑誌・新聞の購読

・無料電源の使用

・その他サービス

 

クレジットカードラウンジでは、コーヒー、紅茶、各種ジュースなどドリンクバーの提供があります。

アルコール・飲食の提供も一部行っておりますが、基本的に有料です。

 

様々な種類の雑誌や新聞を取り扱い、どれも購読ができます。

 

殆どのラウンジは充電可能なため、デスクワークされる方や作業される方にとって場所が良く、飛行機の景色を見ながら心地よい椅子に座り、時間を過ごせます。

ラウンジによって、充電器の借用可能な場所もあるので一度スタッフにお尋ねください。

 

その他サービスでは、ラウンジによって無料でアルコールを飲める場所やあるので一部ご紹介します。

【成田空港のIASS エグゼクティブラウンジ1・2】

このラウンジはベーシックサービスの他に、最初の一杯だけビールもしくはハイボールを選ぶことができます。

 

アルコールのほか、柿のたねの提供があり、セルフでいただくことができます。

 

IASSラウンジは2か所系列ラウンジがあり、ラウンジ1からラウンジ2に移動した場合でも、最初にアルコールサービスを再度いただけます。

スポンサーリンク



【羽田空港 第二ターミナル POWER LOUNGE NORTH】

羽田空港第2ビルの出発エリアに位置し、2017年にリニューアルオープンしたラウンジです。

 

席は140席以上、広々とした空間で目の前の飛行機を、窓から一面に見渡すことが出来て、健康的なサポート飲料として青汁、黒酢の提供や無料でクロワッサンを頂けます。

(2020年10月現在コロナの影響でサービス変更あり)

 

羽田空港第2ビルのPOWER LOUNGE NORTHについては羽田空港2タミのパワーラウンジノースを紹介!カードの種類とサービス内容の解説を参考してください。

 

エアライン(ANA、JAL)ラウンジとは

エアラインラウンジは、上級ステータスの人が利用できるエグゼクティブラウンジです。

カードラウンジで提供されるベーシックサービスはもちろん、食事・シャワー・アルコール等のサービスが利用できます。

 

食事スタイル

食事はバイキングスタイルで総菜からデザートも備わっており、オーダーしてその場で調理するステーキやヌードルバーも備わっております。

 

アルコールはビール、ワイン、焼酎、日本酒、ウイスキーなど種類豊富で、ご自身の好きな物を選べます。

 

シャワーサービス

移動で汗などリフレッシュしたい場合は、シャワーも利用もすることができます。

シャワールームも清潔に保たれ、バスタオル、歯ブラシも用意してる為、手ぶらでご利用できます。

 

受付で事前に申し込んでおけば、準備が整い次第案内してくれるので、それまで食事やアルコールを楽しめます。

残念ながら、最近では上級会員も増加気味となり、ラウンジを利用する人も多く、繁忙期は特に混雑しております。

 

 

続いてクレジットカードラウンジを無料で使用する方法について解説します。

スポンサーリンク


カードラウンジを無料で使用する方法

広島空港 ビジネスラウンジ もみじ

前項でお伝えしたが、クレジットカードラウンジを無料で利用するには、

・飛行機に当日に乗る証明書(Eチケットなど)

・対象のクレジットカード

上記2点は、必要不可欠となります。

 

その方法とは、例えば6月1日にインターネットで6月20日出発分のチケットを購入します。

予約完了すると、航空会社やツアー会社の代理店から「旅程表」もしくは「Eチケット」が送付されます。

上記は必ず携帯に保管してください。

 

自己都合により予約した出発日を、

6月20日 → 6月25日

に変更します。

 

変更後は、新しいEチケット等を受け取ることができるので、

こちらも一緒に保存をして下さい。

 

当初予定した6月20日当日、元々予約した6月20日のEチケットなどを、

カードラウンジでゴールドカードと一緒に掲示すると、無料で利用できます

 

 

ラウンジ受付の人は、掲示したクレジットカードの読み取りはしますが、

旅程表は日程と時間帯のみ確認だけで、変更した日程までの把握はできません。

 

 

しかし、デメリットがあります。

 

出発エリアではなく一般エリアのみラウンジしか利用できません。

・わざわざ空港に行く必要がある。

 

 

出発エリアの場合は、保安検査場でQRコードを読み取る必要がある為、

日程変更前のQRコードをかざしても、通過出来ません。

 

また、ラウンジ利用するだけにわざわざ空港に行く必要がありますが、

空港見学が好きで、休憩する感覚でラウンジを利用するには丁度良いです。

 

続いては、個人的にオススメのクレジットカード3選をお伝えします。

スポンサーリンク



おすすめのクレジットカード3選

クレジットカード

私は様々なクレジットカードを所有してますが、その中でもラウンジで使用するオススメのクレジットカード3選をご紹介します。

第3位 ANAアメリカンエクスプレス

ana amex

年会費7,700円(税込)

家族カード2,750円(税込)

「ポイント移行コース」

年間参加費6,600円(税込)

「ポイント移行コース」に登録すると、登録期間中ポイントの有効期間が無期限になるうえ、マイルへの移行も可能になります。

有効期限を気にせず大きくポイントを貯めて、お好きな時にマイルに移行すれば、無駄なく特典航空券などに交換できます。

ANAアメックスは、ポイントが100円につき1ポイント発生するので、比較的ためやすいカードとなっております。

 

旅行の際は、同行者1人までカードラウンジを一緒に利用できる所がメリットで、同行者からも喜ばれます。

 

 

しかし年会費が発生して、貯めたポイントをANAマイルに移行する際は、ポイント移行コースに登録する必要があり、追加で6,600円の年会費が発生します。

ですが、ANAに搭乗される機会が多い方で、特典航空券(無料の航空券)を目指す方にとっては、比較的に貯めやすいクレジットカードです。

 

【ANAamexのデメリット】

・年会費7,700円の発生。

・ポイントをマイルに移行する際に追加で6,600円がかかる。

・カードラウンジ以外のラウンジは基本的に使用不可能。

 

【ANAamexのメリット】

同伴者1名までカードラウンジ利用料無料。

・ポイント移行をANAマイルに変更

最高2,000万円の国内旅行傷害保険が付帯。

 

第2位 MIカードゴールド

miカード

MIカードゴールドの一番のメリットは、ゴールドカードなのに5,500円と比較的安いところです。

このカードは、羽田空港第3ビル出発エリアでTIATラウンジが使用できて、同伴者1名まで無料で利用できます。

 

TIATラウンジは、エアラインラウンジのように食事・アルコール・シャワーなども備わっており、航空会社の上級会員で無くても、ハイクオリティラウンジを体験できます。

 

つまり、LCC(格安航空会社)利用で羽田空港第3ビルから出発の際は、このカードを所有すれば利用可能です。


しかし、TIATラウンジは羽田空港のみなので、他空港から出発する機会が多い方は、通常のカードラウンジしか利用できません。

また、各空港のカードラウンジを利用する際は、同伴者無料は適用外になるので、あらかじめ注意が必要して下さい。

 

【MIカードゴールドのデメリット】

・TIAT特別ラウンジ以外は、同伴者1名無料は適用外。

・TIAT特別ラウンジ以外は、カードラウンジのみ利用。

・羽田空港から海外にや出発する機会が少ない人にとっては恩恵が少ない。

 

【MIカードゴールドのメリット】

・羽田空港第3ターミナルで特別ラウンジ(TIAT)の利用可能。(同伴者1名無料)

・他のゴールドカードと比較して年会費が安い。

・海外旅行中のケガによる死亡・後遺障害最高1億円。

国内旅行中のケガによる死亡・後遺障害最高5,000万円。

 

MIカードゴールドを発行希望される方は、ちょびリッチからの登録をオススメします。

発行することで、ちょびリッチポイントがたまり、年会費を浮かすことができます。

 

第1位 楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは年会費11,000円発生しますが、それ以上の価値を受けれます。

楽天プレミアムカードは、世界148カ国600以上の都市や地域で、1,300カ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスを手にすることが出来ます。

 

通常プライオリティ・パスを発行には、プランによって料金が異なります。

スタンダード99ドル(1万800円)1回につき27ドル(3000円)
スタンダード・プラス249ドル(2万7200円)10回無料 11回目から1回につき27ドル
プレステージ399ドル(4万3600円)無料

 

楽天プレミアムカードを契約すると、年会費399ドル発生するプレステージのプライオリティ・パスを無料で手にすることができます。

 

プライオリティ・パスを使用した海外空港ラウンジは、各空港によってサービスは異なりますが、基本的に食事・アルコールの提供を行っております。

 

海外のラウンジでゆっくりくつろぎながら、国の伝統料理を楽しめて、搭乗までの間は有意義に過ごせます。

 

しかし、日本で適用するプライオリティ・パスのラウンジは、海外と比べクオリティサービスが落ちます。

そのため、日本の空港ラウンジのサービスはあまり期待はできません。

 

 

【楽天プレミアムカードのデメリット】

年会費11,000円の発生。

・プライオリティ・パス適用の日本空港ラウンジはいまいち。

・海外に行く機会が少ない人にとっては魅力が薄い。

 

【楽天プレミアムカードのメリット】

プライオリティ・パスを最安値で発行できる。

・国内・国外旅行の傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円を補償

・楽天ポイントが貯まりやすい。

 

楽天プレミアムカードを発行を検討してる方は、以下から申し込みできます。

まとめ

今回は空港のカードラウンジを無料で使う方法とおすすめのクレジットカードについて解説しました。

 

空港のカードラウンジは、基本的にゴールド・プラチナ会員以上の方が、当日搭乗する証明証と一緒に掲示すれば無料で利用できます。

 

出発時だけでなく、到着時でも同様にカードラウンジを利用できるので、休憩程度に寄るのもありです。

 

無料でラウンジを利用には、変更前の日程とゴールドカード以上および、一般エリアに設置されたラウンジのみとなります。

 

もし、機会がある方は試してみて下さいね。
スポンサーリンク