空港の地上電源GPUと飛行機の補助動力装置APUの役割と違いについても

航空業界

こんにちは、みのるです。

今回は、グランドハンドリングスタッフが作業で行う、GPU装着と飛行機に備わるAPUについて解説したいと思います。

 

皆さんは、飛行機が駐機中に停電しない理由をご存知でしょうか?

作業があるから、停電させては業務に支障が出るのは当然のことです。

 

 

では、「どうやって電気を供給しているの?」

 

 

と、疑問に思う方もいると思いますが、駐機中はGPUもしくは、APUが作動してる為、機内が明るいのです。

 

 

でも・・・・

 

・そもそもGPUとAPUって何?

・GPU・APUのそれぞれメリット・デメリットって何?

・GPU・APUの役割って具体的にどんなもの?

 

など、GPU・APUを漠然として言われても、わからないですよね?

私も、グランドハンドリングスタッフになるまでは、GPUとAPUの大まかな違いを理解できず、説明も上手くできませんでした。

 

 

簡単に言うと、

GPUは、Ground Power Unit(グランド パワー ユニット)の略で、地上から電力を供給する役割を担い、携帯の充電器のように外部からの電源供給を行います。

APUは、Auxiliary powerUnit(オキシリアリィー パワー ユニット)の略で、飛行機に備わっている補助動力エンジン充電された携帯のバッテリー(燃料)を使用して発電します。

 

 

この記事では、実際にグランドハンドリングスタッフでGPU作業を行ってきた私が

・GPU(Ground Power Unit)の準備と使用する上での注意点

・APU(Auxiliary power Unit)の役割と使用する場面

・GPUとAPUのメリット・デメリット

について解説します。

スポンサーリンク


地上電源装置GPUの役割と使用時の注意点

地上電源装置

GPUは、飛行機が空港に到着して、駐機中に電力を供給する為の装置です。

 

上記の写真をご覧いただくと、男性の方がラダー(はしご)に上がって、飛行機に、長くて黒と黄色のケーブルのような物を装着しているのがGPUです。

 

 

羽田空港や成田空港などの大きな空港では、GPUは地下に備わっており、地方空港だと電源車を利用して、飛行機に電力を供給します。

地上電源装置作業員がGPUを装着する瞬間

 

飛行機の機種(B737、A320)などの小型機は、GPUを飛行機に直接接続することができますが、中型機以上になると地上から高さがあるので、ラダー(はしご)を使用して接続します。

 

GPUは装着は、一部では整備作業に分類されますが、グランドハンドリングスタッフ作業の業務であり、ターンアラウンドタイム(便間)が長い時は、GPUを使用する機会が高いです。

 

 

ターンアラウンドタイムとは・・・

 

  • お客様の預け荷物の取り卸し・搭載
  • 貨物取り卸し・搭載
  • 機内清掃
  • 燃料補給
  • ドリンクや機用品の補充 など

 

飛行機が到着してから、出発するまでの折り返し時間の事をいいます。

到着便と出発便との間の事で、便間(びんかん)とも言います。

 

 

GPU装着作業自体は、特に難しい事はありませんが、飛行機が到着する時は、次の項でお伝えするAPUが稼働してる為、飛行機がスポットに到着して、APUからGPUに切り替えます。

 

確実にGPUが接続されてない時や、装着が遅いとコックピットでAPUから、GPUに切り替え操作ができず、整備士からも怒られますので、素早く行う必要があります。

 

 

GPUの仕組みや使用するシチュエーションが理解できた所で、次はAPUについてご説明させていただきます。

スポンサーリンク



飛行機に備わっているAPUの役割

APUは、補助動力エンジンのことで、全ての空港にGPUが備わっている訳ではなく、一部の地方空港でGPUがない時は、APUを使用します。

 

飛行機は通常、エンジンを稼働させ電力を供給するのですが、停止してしまうと、機内に電力を供給ができません。

電力が供給できないという事は、エアコン等も使用ができません。

 

 

エンジンを起動せずに、電力を供給することが出来るのが、補助動力装置の役割を所有するAPUで、燃料を使用して機内の発電を行います。

 

 

APUの排気口から出る熱風が非常に暖かく、冬のシーズンで作業するグランドハンドリングスタッフや、整備士の人達にとっては、ストーブのような感覚です。

 

その分、排気のようなものなので、空気はよくないです。。。。

 

 

 

では、GPUとAPUが理解できた所で、次は双方のメリット・デメリットについて解説します。

スポンサーリンク


GPUとAPUのメリット・デメリット

GPUのメリットは、地上からの供給ケーブルを通じて、駐機中の航空機に電力を供給する設備で運用コストも抑えられ、排気ガスもなく環境に優しいです。

 

 

一方のデメリットは、ターンアラウンドタイムが長くても、雷注意報(TS)が発令時は、GPUを使用ができません。

 

TSとは、サンダーストーム(Thunder storm)の略で、TS-1~TS-3までの三段階のレベルがあります。

 

万が一、GPU装着中に雷を受けた場合は、電源ケーブル側に損傷をきたし、GPUを管理する本体にも影響の恐れがあり、発火する恐れが生じます。

 

 

その為、航空会社の規定でも規定が変わりますが、TSが発令若しくは、発令中はGPUの使用せず、APU対応となります。

 

 

 

APUのメリットは、GPUのような準備作業がいらず、コックピット内の操作一つで手軽に作動出来る事です。

 

 

しかし、APUのデメリットは、使用すると同時に大きな騒音と、飛行機からの排気ガスが大量に排出し、燃料を使用して電力を供給するので、コスト費用も高く、環境に良くありません。

 

 

GPUの方が、騒音もなく経済性や運用性で考えてもメリットがある為、ターンアラウンドタイムが長い時や、夜中に駐機するステイ便では、GPUを積極的に使用します。

※ステイ便とは、最終便の飛行機が到着して一夜過ごし、翌日に出発するまでの間の事を言います。

 

ステイ便では、便間で行う作業の他に、機内の飲料水を全て取り除く作業や、入念な機内清掃、メカニックによる作業やログブックの記録など、色々な作業があります。

 

そのため、最終便で到着する飛行機は、基本的にGPUを使用して、機内の作業を行う事が一般的です。

まとめ

今回は、空港の地上電源GPUと飛行機の補助動力装置APUの役割と違いについてお伝えしました。

 

GPUを使用時は、環境汚染の防止と運用コストを削減する上で、重要な役割をもっているので、ターンアラウンドタイムが長い時もしくは、ステイ便時は使用頻度が高いです。

 

一方のAPUは、GPUが無い空港や、雷注意発令時の場合を使用し、燃料を使用して機内に電力を供給する役割を持っております。

 

お互いに、一長一短はありますが、現在ではターンアラウンドタイムが短い時も、GPUを率先して使用する航空会社も多いです。

 

どのエアラインも、エコ活動と運用コスト削減の為に、小さな取り組みを重ねております。

 

この記事で、地上電源GPUとm飛行機の補助動力装置APUの役割と違いについて、少しでも役に立てた記事であれば幸いです。

スポンサーリンク