航空業界

飛行機の出発時に手を振る人は誰?日本で離陸のお見送りをする意味についても

飛行機が出発の際に、グランドハンドリングスタッフと整備士が心を込めてお見送りをしております。 地上スタッフがお見送りは、搭乗の感謝をはじめ、安全第一に飛行できるよう整備およびグラハン業務を 行ったので、安心して空の旅を楽しんでほしいことを願っています。
航空業界

空港の荷物仕分けってきつい?一日の個数や仕組みと注意点についても

チェックインカウンターで預けた荷物を路線毎に仕分ける作業をソーティングと言います。 仕分け人であるソーターは、出発時間までに一般の荷物からプライオリティ手荷物・ドアサイド手荷物など ミスなく仕分けなくてはなりません。一日の個数も平日と休日とでは大幅に異なります。
航空業界

ランプパスCAB試験問題(空港内運転許可)の合格ラインはどのくらい?出題内容についても

CAB試験(空港内運転許可)の合格率や出題問題について解説します。合格率は80%ほどで、しっかりと勉強すれば 必ず合格します。CAB試験はランプ内を走行するのに必ず受験しなければならない大事な試験です。 そのため知識をつける上で大切な試験なので必ず頭に入れましょう。
航空業界

【グランドハンドリングスタッフになるため】大学と専門おすすめはどっち?

グランドハンドリングスタッフは大学か専門どちらか良いかお伝えします。どちらの学校を卒業しても グラハンの職業に就く事はできます。ですがグラハンの会社は沢山あるので、ご自身が希望する会社に 入社できるように学校選びは大切なので、この記事で解説します。
航空業界

現役グランドハンドリングスタッフが仕事内容をすべて暴露します!

グランドハンドリングスタッフの仕事内容について解説します。グランドハンドリングスタッフは、通称グラハンとも呼ばれ、マーシャラー(飛行機の誘導)、荷物の搬送、トーイング(飛行機の牽引)など作業内容が幅広く、GSE機材に乗車して、作業を行います。
スポンサーリンク